プロが教える!お手入れ方法~カラーストーン~/GWブログリレーvol.1

☆毎日更新!GWブログリレーがスタート☆1日目は“宝石を長く愛用するためのコツ”をジュエリー管理のプロフェッショナルがご紹介♪

みなさまこんにちは。スタッフなみこです。

 

もうすぐGW!ですが、今年はお家で過ごそうかな?と考えている方も多いのではないでしょうか。私は先日大人買いした本をまとめて一気読みしようと思っております。…ちなみに100冊買いました!GW中に20冊は読みたい…!
(最近お財布のひもがゆるゆるです。春なので…(°- °))


そんなまったりGWのお供に、本日4月29日~5月5日(水)まで毎日更新のスタッフブログリレーを開催いたします。お家GWをオレフィーチェと一緒に楽しみましょう♪

 

ブログリレー第一回目は「カラーストーンのお手入れ方法」です◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
カラーストーンとひとくちで言っても石の種類によって性質ははさまざま。基本のお手入れ方法の他に、ちょっとしたウィークポイントがある石をピックアップしました!
(その前に、これまでのメンテナンス系ブログはこちら。ぜひ読んでみてください〜!)

 


◆基本のお手入れ


今回ご紹介する石はどれも「外したら必ず柔らかいクロスでそっと拭く」、汚れが目立つようであれば「温かい石鹸水で優しく洗う」というお手入れ方法が一番安全です!超音波洗浄機やスチームクリーナーの使用は、振動が加わりやすいので避けましょう。

ジュエリーを保管するときは「ひとつひとつ区切って仕舞う」のがオススメです。硬さの異なる石同士がぶつかると傷がついてしまいます。

また「直射日光があたらないようにする」のもポイントです(^^)紫外線や熱が苦手な石の退色や劣化を防ぐことができますし、地金も長いあいだ日に当たると色が濃くなってしまうことがあります。

ぜひ、大切なジュエリーはひとつひとつ仕切りを作って、箱に入れてしまってあげてください♪



◆カラーストーンごとの特徴&注意ポイント

アメシスト


アメシストは、さきほどお伝えした「紫外線や熱に弱い石」のひとつとして知られています。色が褪せてしまうことがないよう、なるべく日に当たらないようにして保管してください。お肌と同じく紫外線大敵!です。

また、紫外線だけでなく熱や急な温度変化にもあまり強くありません。(あえて熱湯に入れた後に冷水に浸ける…ことはなかなか無いかと思いますが(笑)、料理中などは外しておいたほうがよさそうです!)


トパーズ

ペリドット

タンザナイト

カラーストーンの中でも「劈開」という、一定方向に割れやすい性質をもった石たち。硬度が低いわけではないのですが、ぶつけたりするとヒビや欠けにつながることがあるので、普段から少し気に留めておくと◎です!超音波洗浄機の使用はNGです。

 


トルマリン

トルマリンは日本名で「電気石」といって電気を帯びやすく、そのため埃を寄せ付けやすいというちょっとおもしろい石です。ショーケースのなかのトルマリンが照明の熱で帯電して埃を吸い寄せていた、なんてこともあるのだそう。特別汚れやすいというほどではないですが、熱や摩擦が加わらないように仕舞うのがおすすめです!


今回ご紹介した石は、基本を抑えていただければ日常で使っていただく分には全く問題ありません。カラフルな色が映えるこれからの季節に、ぜひ取り入てみてください♪

【カラーストーンジュエリー】一覧はこちら

 


▼ジュエリーのプロが教える!ジュエリーを長く愛用するためのコツ

それダメ!実はジュエリーにやさしくない、意図せずやってしまう習慣あるある3選

お家でピッカピカ!簡単お手入れで買ったばかりのジュエリーへ。

除菌とジュエリーとお手入れの話

エメラルドの魅力&お手入れ方法&エメラルド・カウボーイ(映画)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください