運命の”エタニティ リング”の見つけ方~意味とは?デザインの違いは?~

途切れることのない永遠を意味する”エタニティ”リング。
ひとえにエタニティリングと言っても、デザイン、ダイヤの留め方は千差万別です。

 

運命の相手との出会い方はさまざまで、「探さない、待つの。」とおっしゃる方もいると思いますが、 今回は敢えて、選び方・見つけ方をお伝えしようと思います。

 

エタニティリングとは

ダイヤモンドが切れることなく続く姿から、永遠(Eternity)と呼ばれるリング。その縁起の良さから結婚指輪、婚約指輪としての人気も高いリングです。

 

ブライダルリングといえば、昔は恋愛ドラマのプロポーズシーンで化粧箱から出てくる、お給料3か月分の大きな一粒ダイヤ・・・なんていうのが夢の定番でしたが、最近は普段も使えるシンプルなデザインや機能性を重視してエタニティリング選ぶ方も増えています。

 

では「独身だとつけてはいけないの?」

そんなことは全くございません。

 

エタニティリングに限定されたルールは訳なく、世代関係なくファッションリングとしても定番のリングです。

 

 

まずは、特徴を知ろう

 

失敗してもいいという気持ちでジュエリーを購入できる人は稀有かと思います。
誰しもが、せっかく買うなら失敗したくないとお思いのはず。

 

Oreficeだけでも40種類近いエタニティリングがあります。より自分の好みにあった運命の1本と出会うためには情報収集が大切です。

 

まずは、主なデザインごとの違い・メリットとデメリットを知っておきましょう。

 

毎日でも使いたい!「4本ツメ」

ここでいう”強度が強い”とは、ダイヤの石取れが起きにくいという意味です。1石に対して、4つの地金のツメでがっちりと固定(石留め)しています。

ツメ留めリングのよくあるお悩みといえば‟ひっかかり”。

朝の忙しい時間、誤って買ったばかりのタイツにリングをひっかけて伝線・・なんてことは避けたいですよね。

 

このタイプは石とツメの段差を極限まで減らしているため、ツメ留めリングでありながら‟ひっかかり”を感じない作りになっています。

「エタニティリングに憧れるけど、慌ただしい生活には使えない」と諦めている方にもおすすめできる、仕事も家事も育児中でも毎日一緒にいたいリングです。

※18金の特性上、100%歪みや変形が起こらないという訳ではありませんのでご注意ください。
日常の考えられる衝撃には耐えられるように製作しておりますが、繊細なジュエリーですので大切に扱っていただく必要がございます。ご理解ください。

 

―気になる点を挙げるなら。

4つのツメでダイヤを留めているので、人によっては地金の印象が少し強いと感じる可能性があります。地金感は減らしたい・・!そんな方にはダイヤと同系色のホワイトゴールドやプラチナでのお作りもおすすめです。

 

―こんな方におすすめ

・普段の生活の中でも、あまり気にせずに着けていたい。

・輝きすぎることに抵抗がある方。

・職場でも使える。TPOを気にしないで使いたい。

・初めてのエタニティリング。気軽に試したい。

・よりシンプルでカジュアルに。

 

ー4本ツメのアイテム

⇒ 『4本ツメ』のエタニティ一覧はこちら

⇒ エタニティつけ比べはこちら

 

圧倒的な輝き「共有ツメ」

隣り合った2つの石を、同じツメで留める方法。ダイヤを遮る部分を極限まで減らすことで、宝石の輝きを最も引き出す留め方です。

前に紹介した4本ツメの輝きが「キラキラ」なら、この共有ツメは「ギラギラ」。同じ指につけて比較した場合、ぱっと見ても輝き方の違いがわかります。何より輝きを優先したい!という方におすすめです。

 

―気になる点を挙げるなら。

キラキラ感が強い=遮る地金が少なく、石の表面積が多いということ。ダイヤのカット面も表に出ているので、‟ひっかかり”も感じやすくなります。もちろん簡単に歪みや石取れが生じてしまわないよう製作を行っておりますが、強度重視の4本ツメに比べると、着けっぱなしには向きません。

エタニティリングの中でも、特に取扱いにご注意いただきたいデザインです。

ただ、手のかかる子ほどかわいいとはよく言ったもので、 実物をご覧いただくとリスクを踏まえた上で、惚れ込んでしまう方も多くいらっしゃるほど輝きの印象はひとしおです。

 

―こんな方におすすめ

・とにかくダイヤモンドが好き。エタニティは何より輝き!

・華やかさが欲しい

・毎日はつけられないので、おめかしする日に使いたい。

・ジュエリーを丁寧に優しく扱える。

 

―共有ツメのアイテム

⇒ 『共有ツメ』のエタニティ一覧はこちら

⇒ エタニティつけ比べはこちら

 

理想のエタニティ「レール留め」

ダイヤモンドを隙間なく並べ、両脇の地金(レール)で挟んで留めたレール留め。”ツメが無い=ダイヤとダイヤの間に隙間がない”ため、整然とした美しさが感じられる留め方です。

控え目で落ち着いたキラキラ感、でも強度も譲れない。そんな欲張りな気持ちにも応えてくれる贅沢エタニティ。地金で挟んだだけでしょ?なんて一見簡単な作りに見えるレール留めは、実は初心者の職人は手出し厳禁の非常に難しい留め方。

 

・並べるダイヤモンドのサイズ感が均一であること
・並んだダイヤモンドの輝き方が近いものであること
・上下左右のズレが無いように留める技術があること

 

どれかが欠けてもレール留めの美しさは完成しません。
Oreficeのジュエリーの華奢さでレール留めを実現しているのは自社工房のスタッフ一同の技術力のたまもの。Oreficeファンには、ぜひお手に取っていただきたいデザインです!

 

―気になる点を挙げるなら。

Oreficeのダイヤは全て天然石。なるべく同じ大きさを厳選し直線になるように製作をしていますが、並べたダイヤ達を地金で挟んでいるため、地金の倒れ方に若干の波が生じる場合がございます。

Oreficeでは天然石、手作りならではの個性と捉えておりますが、直線のデザインはその波が”歪み”として見られてしまうこともあるため、気になってしまうという方には難しいデザインかもしれません。

 

―こんな方におすすめ

・日常使いでダイヤのキラキラ感をいっぺんに楽しみたい。
・ひっかかりのないエタニティがほしい。

・角がなくつけ心地の良いリング。

・ありのままのダイヤを楽しみたい。

―レール留めのアイテム

 

⇒ 『レール留め』のエタニティ一覧はこちら

⇒ エタニティつけ比べはこちら

⇒ 商品製作の小話はこちら

 

ママも使える「フクリン留め」

ツメで石を固定するツメ留めに対し、地金で石をぐるっと囲み留めるフクリン(覆輪)留め。

程よい厚みがあり、角がなくつるんとした触り心地。デリケートなものを傷をつける心配がないストレスフリーなデザインです。強度が強く、ひっかかるツメもないフクリン留めは繊細な子供の肌も傷つけないので、育児中のママにもおすすめできるリングです。

 

―気になる点を挙げるなら。

ダイヤが主役のツメ留めに比べると、落ち着いたきらめきのフクリン留め。また、手間と時間がかかるデザインのため、どうしてもお値段が少し上がってしまいます。

現在時点では、他の留めに比べると種類が少ないデザインでもあります。

 

―こんな方におすすめ

・家事や育児をしながら使いたい!

・シンプルでも人と違ったものがいい。出来るだけかぶりたくない。

・地金もダイヤも両方楽しみたい。

・デザイン性が欲しい

 

―フクリン留めのアイテム

⇒ 『覆輪留め』のエタニティ一覧はこちら

⇒ エタニティつけ比べはこちら

 

 

皆様のイメージに合うエタニティはどのデザインでしたか?

 

お気に入りのデザインが決まったら、いよいよ運命のリング探しの幕開けです。

実際にOreficeのエタニティリングを着用してみましたので、こちらもぜひご覧ください。

「エタニティ選びに迷ったら~サイズ直しの効かないエタニティ着け比べてみました~」

 

運命のお相手探し、何かお困りのことがございましたらすぐにご相談くださいね。

 

皆様に素敵な出会いがありますように。

 

    1. E.S様
      ご質問ありがとうございます。

      上から
      ‣「ビルストレ」リング※10石
      ‣「ソニア」リング※10石
      ‣「リサ」リング※10石

      四本ヅメ
      ‣「フル エタニティ」リング

      共有ヅメ
      ‣「リサ フルエタニティ」リング

      レール留め
      ‣「ルイーゼ」リング

      でございます。

    1. ミラ様

      こんにちは。
      ジュエリー工房OreficeのSomeyaです。
      ご返信が遅くなり申し訳ありません。

      サイズ・幅に展開の多い3種類の特徴を挙げておりましたが
      ご指摘の通り、Oreficeには「ココ」リングなどの異なる種類のエタニティがございます。

      加筆更新という形で情報のご案内をさせて頂きますので、しばらくお待ちくださいませ。
      どうぞ宜しくお願い致します。

      Someya

  1. 運命のエタニティ…私はイリスにビビッ!!ときたのですが、サイズが8号~という事で諦めなけれぱなりません。でも諦めきれず毎日ホームページ見てます。7号のイリスは実現できかねますか??

    1. ちん様
      コメントありがとうございます!

      ご質問いただきましたサイズにつきまして、
      こちらのリングは原型が8号からの用意であること、
      また全周にダイヤモンドがびっしりと並んでいるため、
      サイズの調整をすると石とれの原因となる可能性がございます。

      そのため規定外のサイズ製作はお受けしておりません。
      せっかくのご希望におこたえできず、心苦しく感じております(;;)

      ———————–

      お気に入りのデザイン、なかなかあきらめられませんよね・・
      わたくしの主観ではございますが、こちらは全周石が続いているため、
      リングが回ってしまっても気になりにくいデザインではございます。

      また、サイズに余裕がある場合は、ぴったりサイズのストッパーリング(目立たない地金のみのリングなど)で
      上からとめるようにリング重ねてあげると抜けは防ぐことができます^^
      リングの着用感などはお好み次第かと思いますが、こちらも参考材料の1つになりましたら幸いです。

  2. いつもお世話になってます。先日、お誕生日に、こちらのV字ハーフエタニティを頂きました。とても気に入ったのですが、7号サイズなのに少し大きく感じます。普段8号の指にも入ります。今後の参考にしたいので教えて頂きたいのですが、V字の様な細い指輪だからゆるく感じるのですか?もう少し幅が有る方が回ったりしないのでしょうか??きっと私の指が、6号ならピッタリすぎで6.5号なのかなぁ?と思うのですが、キツイのは嫌いなのでこんなワガママな指にでもゆるすぎず合うフルエタがあれば教えて頂けたら嬉しいデス!

    1. ちん様

      お誕生日おめでとうございます。
      大切な記念の品に当店のリングをお選びいただけたこと、とても嬉しく感じております!

      リングは指の形とデザインによって、実は1~2号もサイズが変わることもございます。
      サイズ選びはお客様ごとそれぞれ異なるので、とても難しいですよね;;

      お考えの通り、正円とV字アームでは指に収まり方も違うこと、
      また、幅太リングに比べると指に接する部分が少ないため、細幅は指通りがとてもスムーズになります。

      わたくしも、ぴったりサイズは苦手で余裕を持ったサイズを選んでいます。
      フルタイプであれば少し大きめのサイズでも、全周ダイヤモンドなので多少は回ってしまうことを気にせずお使いいただけますよ♪

      わたくしの主観ではございますが、おすすめリングをピックアップいたしました*^^
      参考材料の1つとなれば幸いです♪

      ■「アザレア」フルエタニティ
      V字ハーフより幅太タイプ。
      1つのダイヤに対して4つのツメでとめているため、強度がしっかりしていて日常的に安心してお使いいただけます。

      ■「リサ」フルエタニティ
      幅感は細めですが、V字ハーフと同じ共有ツメでまぶしいほどのダイヤの輝き。
      (多少まわってしまうかもしれませんがフルタイプなので・・!)

      ■「ソニア」フルエタニティ(いちおし)
      地金量、ダイヤctがアップするためお値段はあがってしまいますが、幅・共有ツメのきらきら感が贅沢ワガママリングです!

  3. いつも色々教えて頂きありがとうございます。要望等何処に書き込めば良いか解らず、こちらに書き込ませて頂きマス!
    まず、アランリング~無くなったのですかぁ?
    残念デスー。まだまだ先なのですが、結婚指輪に出来る物をピックアップしてまして、イリスの仲間たちはサイズがダメで却下なので、選択肢が減ってしまい残念です~。まだ数年先なので、これから結婚指輪でも使える素敵なリングの登場を心待にしております~。今のところだと、厚みが気になりそうですが、エターナルが一歩リードです(笑)是非是非新キャラお待ちしてます!
    どうぞ熱望お伝え頂ければ嬉しいデス!
    お忙しいのに申し訳ありません。宜しくお願い致します。

  4. 「フルエタニティリング」の爪留めの爪の大きさ?が変わり、
    昔販売していたものより ダイヤが目立たなくなったと
    口コミで見たのですが

    現在も写真2枚目(フルエタニティリング)のような爪の大きさでしょうか?

    1. コメントいただきありがとうございます。お返事が遅くなり申し訳ございません。

      「フルエタニティ」リングの爪の大きさにつきましては、販売当初より変更はいたしておりませんため、現在も写真2枚目のものと同じ仕様でございます。
      ですが、エタニティリングはリングのサイズによってダイヤモンドの間隔を微調整しております。そのため異なるサイズのリングを並べた際にはどちらかのダイヤモンドが少々目立たなく見えてしまう可能性がございます。こちらにつきましては、ご理解いただければ幸いです。

      suzuki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です