『行動すれば、可能性はまだまだ無限大』ゼロトレ インストラクター 輝く人へインタビュー vol.2

第4章:

大切な”お守り”たち

 

― 江國さんに身につけているジュエリーを持ってきていただきました。とても素敵なピアスですね!

これは、私が現在働いているBody Tone New Yorkの代表の石村が、私が入社したあとに初めてプレゼントしてくれたピアスなんです。

石村は、普段もイベントの時も身につけるジュエリーに「洗練さ」を求めているんです。なので私も、ジュエリーをひとつつけるにもかなり計算しています。

 

― 人前に立つお仕事だからこそですね。例えばどんなシーンがあるのですか?

例えば、ニューヨーク・ヨガでイベントをやる時に、照明やスポットライトを使ったりして、黒いピタッとした服にボリュームのあるピアスをつけて、耳元だけゴージャスにする、みたいな。照明から光を反射してピアスがミラーボールの役割をしてくれるんです。

 

顔周りを華やかにしてくれるもので、私はイベントの時には、お守り代わりにいつもつけています。

 

― お仕事をする時につけることが多いのですか?

そうですね。イベントの時につける事が多いですね。気合を入れるためにもつけています。私はピンクが好きですし、私のドストライクをいただきました。

▲取材日の江國さんのコーディネート。この日は真っ白なワンピースに似合う、美人な雰囲気のジュエリーを合わせていらっしゃいました。

 

― 薬指のダイヤモンドのリングは婚約指輪でしょうか?

これは婚約指輪です。元々は主人のお母さんがずっと大切にしていたダイヤの指輪で、それを私のために少しリフォームしてくれたものです。

 

―センターダイヤがマーキスカットで素敵ですね。リフォームの時、デザインなどは一緒に決めたんですか?

デザインは主人に任せました。ただ、デザインもそんなには変えていないですね。お義母さんからリフォームを提案してくれて、その気持ちがとても嬉しかったんです。新しい婚約指輪をもらったとしても嬉しいですけど、何か想いがあるものってすごく特別で嬉しくて。大切に着けています。

 

―舞台は変わりましたが、現在も人前に立つシーンが多い江國さん。そんなに江國さんにぴったりだと江藤が選んだのは「エレナ」ネックレスと「リーナ」ピアス。

イベントでも映える華やかで大きなモチーフのジュエリー達を実際に着用いただきました。

K18「エレナ」K18「リーナ」

―実際につけてみていかがですか?

ピンクゴールドを選びがちなのですが、イエローゴールドもいいですね!(笑)

実は普段、生活の中でつけるジュエリーは、結構華奢な控えめなものが好みなんです。自分にしっくりくるというか…。

なのでとても新鮮です!

▲舞台の上でも日常でも使える、華やかさと華奢さを兼ね揃えたジュエリー。江國さんとてもお似合いでした♪

おわりに

 

行動する限り、まだまだ可能性は無限大。

 

自分で自分の道を切り開き、現状に満足せず、次のステップへと果敢に挑戦して夢をかなえるその姿に、なにか行動を起こすときにあと1歩を踏み出せない人たちの背中を押してくれる、力強さを感じました。

今までとは違う新しい時代がくる中で、私たちオレフィーチェににできることは何か。ジュエリーを通じて皆様に何を伝えられるのか。私たちが行動し、前に進む限り無限大の可能性が広がっています。
「お客様の笑顔が一番うれしい」と話していた江國さん。私たちもフィールドは違えど、お客様の笑顔を見るために、より良いジュエリーをこれからもご用意していきたい、そう感じた時間でした。(インタビュー・文:えとう)

 

 

 

 

オフショット

江國さんとオレフィーチェを繋いでくれたのが2020年7月に入社した新人スタッフひさだ。

実は、江國さんはスタッフひさだの劇団四季時代の同期!

 

久しぶりに再会したという二人。仲良しショットが撮れました♪

江國さん、沢山のお話いただきありがとうございました!

 

過去のインタビューはこちら

 

『生命の誕生、祝福の瞬間を写真に』ニューボーンフォトグラファー 輝く人へインタビュー vol.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください