私だけがわかる、意味のこもったジュエリーコーデ

皆さまは「推し」はいますか?今日は最近推しが出来たスタッフが、概念ジュエリーコーデをご紹介!誰かに伝えるためではなく、自分だけの好きの気持ちをたくさん詰め込んだ、自分のモチベーションを上げるコーディネートを探してみませんか?

皆さまこんにちは。

スタッフのちばくんです。

 

今年はコロナウイルスの影響もあり、家にいることが多い日が続いていますね。

皆さまは何かこのお家期間に『はまったもの・こと』ってございますか?

 

中にはパン作りにはまった!という方や、ガーデニングにはまった、という方もいるようですが、私はというと休みの日は読書のほか、がっつりゲームにはまっていました。

 

携帯のゲームなのですが、久しぶりにツボに入ってしまいまして……。友人とその話で持ち切りになってしまうほどはまっております。

しかもゲーム中に自分の好みがすべてそろったキャラクターがいまして、もしかして運営会社は私の脳内を覗いているのでは?と常日頃思っています。

 

この自粛期間、自分の好きなキャラクターとゲームがあったおかげでとても楽しく健やかに暮らせたといっても過言ではないでしょう。(ありがとうございます…運営さん…。)

 

 

さて、そんなゲームにはまっている私ちばくんですが、アニメ、漫画、ゲーム、アイドル…、はまるたびにいつも思うことがあります。

 

それは、『グッズ、日常では使いにくいデザインばかりでは?』問題。

この問題、ジャンルに限らず【 推し 】のいらっしゃる方は直面したことがある問題ではないでしょうか。

 

最近は日常でも使えるような、できる限りシンプルになったグッズも出てきてはいますが、さすがにキャラクターのイラストが描いてあるものを日常では使えない…でも推しを日常でも感じたい…!そうしたらもっと自分のモチベーションやテンションが上がって仕事も頑張れるのに…!

 

 

そんな方におすすめなのが、ジュエリーで推しをイメージする「推し概念ジュエリーコーデ」です!

 

これ、最近私もやっているのですが、ジュエリーにしてしまえば、毎日推しと一緒にいれますし、タイピングなど、何かするときも目に入って気分も上がるしモチベーションも上がる、推しのいる方におすすめしたいコーディネート。

 

ポイントは、『自分が意味を分かっていればいい』というところです。ジュエリーのコーディネートにルールはありませんし、他の人にコーディネートの詳細を説明する必要もありません。(なお、語りたい場合は別です)

 

という事で、早速ですが、私の推し概念コーディネートを交えながら、具体的に概念コーデについて紹介していこうと思います。

 

●組み合わせ例(1) 瞳の色×イニシャルのコーデ

▲着用ネックレス 上:K18「シトリン ポッピングバース」ネックレス(イエロー) 下:K18「イニシャルコイン」ネックレス:T(イエロー)

 

私の推しているキャラクター、髪の色が深い緑、瞳の色がはちみつ色みたいなイエローなんです。シトリンの色味が一番近かったので、こちらをチョイスしました。

あえてイメージしやすい緑ではなく瞳の色を選んだのは、分かる人には分かるかもしれないけれど、自分だけが分かれば良い、という気持ちの表れですね…笑

 

●組み合わせ例(2) 髪の色×関連モチーフのコーデ

▲着用リング 上:K18「リリアン」リング(イエロー)、下:K18「エメラルド バース」リング(イエロー)

 

(1)のコーデと同じキャラクターですが、別のパターンです。こちらではイメージしやすい髪の色(緑/エメラルド)と、所属しているところの関連モチーフであるハートを組み合わせています。

私個人としては、あまりハートのモチーフは着けないのですが、爪留めのこの「リリアン」リングならハート感が強くなく、さりげなく着けられるのがポイントです!

 

●組み合わせ例(3) グループの色×星座のコーデ

▲使用アイテム 上:K18「アメシスト ポッピングバース」ネックレス(イエロー)、下:K18「アステリ」ネックレス/蟹座(イエロー)

 

こちらは(1)・(2)とは作品も違うキャラクターなのですが、所属しているグループのイメージカラー(紫)と、キャラクター本人の星座(蟹座)を合わせています。

これに関しては完全に説明しないと伝わらないコーデです。しかも私も蟹座なので、もし聞かれるようなことがあっても「自分の星座です」と答えられますね…。

 


 

こんな風にその人物にまつわる要素をジュエリーに落とし込んでいるのが概念ジュエリーコーディネート。

自分の中のイメージを具現化するので、ルールも固定概念も何もなしに自由に自分の好みで作れるのがまた楽しいんです!

 

ちなみに、私は(1)と(3)でカラーストーンをその人物にまつわる色で選んでいますが、誕生石で選ぶのも素敵ですし、または“数字”のモチーフを使って、概念を考えてみても面白いですね。

 

誰かに伝えるためではなく、自分だけの好きの気持ちをたくさん詰め込んだ、自分のモチベーションを上げる推し概念ジュエリーコーディネート。

 

大切な推しのいらっしゃる方はぜひ探してみてはいかがでしょうか?

 

 

・PICK UP JEWELRY・

 

 

 


  1. すごく!良いです!私もやりたいです!が!どうなるとブラックが必需…。ブラックダイヤのジェマがあったら最高なのに…と思ってしまいました。

    1. 新しい楽しみ方ですね!
      いろんな推しに使えそうなアイデアです。色やモチーフなどいろんなパターンで考えてみるのも楽しそうです。

      1. mie様

        コメントありがとうございます!
        そうなんです、いろんな推しに使えるので、ジャンルの垣根なくお楽しみいただけます♪
        組み合わせは無限大ですので、考えるだけでも楽しくなってしまいます笑
        ぜひ、mie様もお気に入りのコーデを探してみてくださいね!*^^*

        スタッフ ちばくん(chiba)

    2. ハナウタ様
      コメントありがとうございます!

      ハナウタ様の推しコーデにはブラックが必須なのですね…!
      確かにブラックを使用しているジュエリーは少ないですものね。
      「ジェマ」のブラックダイヤ私も欲しくなってしまいました笑
      貴重なご意見ありがとうございます!

      推しコーデ探し、ぜひ楽しんでください!*^^*

      スタッフ ちばくん(chiba)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください