ジュエリーコーディネーター検定

こんにちは。
スタッフさいとうです!

 

2020年になってからもう20日経ってしまいましたね。この1年もあっという間に過ぎていくのだろうと思うと、1日1日を大切にしなければという気持ちになります。

 

私の今年の抱負は「ジュエリーコーディネーター1級を目指して頑張ります!」です。
かなり具体的な抱負を宣言してしまい、少しだけ後悔しています…(笑)

 

それはさておき、皆様ジュエリーコーディネーター検定とは何かご存知でしょうか?

 

ジュエリーコーディネーター検定とは、日本ジュエリー協会が1997年に創設した検定資格制度です。
現在全国で1級、2級、3級合わせて約8,500名のジュエリーコーディネーターが活躍しています。
バッジをつけている店員さんを見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね^^*

バッジはこんな形です♪
3級→ルビー 2級→サファイア 1級→ダイヤモンド と、留められている石が違います!

私が入社したときに先輩スタッフのちばくんが受験を控えたタイミングだったことで、ジュエリーコーディネーター検定の存在を知りました。
オレフィーチェに入社するにあたりもっとジュエリーの知識を身につけたいと思っていたので、これだ!とすぐに私も受験させてもらえるようお願いをしました。

 

無事に3級に合格し、ありがたいことに立て続けに2級も受験させてもらえることに。

意気揚々と志願したものの、3級の2倍の厚さ、3倍の難しさ(個人の感想です)になったテキストを見て、「来年出直そうかな…」と受験することすらあきらめかけたのを覚えています^^;

 

試験自体も3級は1科目なのに対し2級は3科目あり、3科目すべてにパスしなければ合格とはなりません。

それでもテキストを読んでみれば、ジュエリーの歴史からコーディネートのコツまで、為になることばかりでした。

学生時代から勉強は大の苦手なのですが、好きなものの事となると勉強も楽しいですね。

 

 

そんなこんなで迎えた試験当日、とてもラッキーな出来事がありました。
試験会場に向かう電車の中でなにげなくオレフィーチェのTwitterを見ていると、ペリドットの豆知識がつぶやかれていました。(試験が8月だったのです)

そのときは特に気に留めず読んでいたのですが、試験中にどうしてもわからないカラーストーンの性質についての問題にぶつかったときにはっと思い出したのがTwitterのペリドットの豆知識。
そういえば、かなりのヒントになるワードがあったような。

ツイートを頼りに答えを選び、試験後に答え合わせをすると見事に正解!
その一問が合否を分けたかもしれないと思うと、先輩スタッフおそめ(Twitterの中の人)に感謝感謝です。

そんなラッキーのおかげもあり、なんとか2級も合格することができました。

 

3級、2級ときたら次はついに1級。難易度が今までとは桁違いのようです。

「1級はテキストがない」「合格者が0人の年もある」という噂を耳にし、今から震えています。

ですが、私がジュエリーコーディネーター検定を受けた目的は、幅広い知識を身につけて自信を持ってお客様にご案内ができるようになるためです。
その目的を見失わないよう、合否だけに囚われずに日々勉強していきたいと思います^^*

 

 

ちなみに、オレフィーチェには私以外にもジュエリーコーディネーター資格者がたくさんいます。
ジュエリーのコーディネートやお手入れ方法など、なんでもお気軽にご相談くださいね♪

2020年の裏目標は「節約」のさいとうでした。

(今年はジュエリーを買いすぎないぞ!と心に誓ったはずなのですが、春夏に向けてピアスが欲しいです(´`)。o○)

 

 

  1. 検定資格があるんですね
    チャレンジする姿勢とても素敵なことですね。
    頑張ってくださいね。
    応援しております。

    1. 本多雄示様

      こんにちは。
      スタッフさいとうでございます。

      この度はコメントありがとうございます。
      嬉しいお言葉をいただき、更にやる気が湧いてきました^^*
      良い報告ができるよう頑張りますので、応援していただけましたら幸いです。

      今後ともオレフィーチェをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください