ドイツ取材旅行記第5話 11月のレビュープレゼント~フランクフルトのFEILER直営店にて~

こんにちは。スタッフはらだです。

 

今月何回かに分けてお伝えしているドイツへの取材旅行記も残りわずかとなりました。

前回の取材旅行記で参加した展示会を最後に、ついにイーダーオーバーシュタインを出発しフランクフルトへやってきたえとう

 

イーダーオーバーシュタインでの時間はあっという間で、もっと行きたいところや、やりたいことがあったな…と若干の悔いが残ってます……ので!!またいつか行きたい場所リストにイーダーオーバーシュタインを追加し、今度行く時は仕事関係なくただただ宝石を思う存分愛でに行きたいと思います!

 

 

さて、フランクフルトについた私たちは、つかの間のドイツ観光。

用事に追われつつ、慌ただしい時間ではありましたが、とっても楽しかったです。

 

今回、取材旅行に出発する前に11月のレビュープレゼントキャンペーンの担当を任されていた私は、10月に取材旅行に行くということもあり、せっかくならドイツで何を買おうとかと考えていたところ、母に「ドイツに行くならFEILERのタオル買ってきて~☆」と軽く言われていたことを思い出しました。

 

ちなみに、FEILER(フェイラー)とは、日本だとデパートに置いてある、言わずと知れたドイツの高級タオルブランドです。FEILERのタオルはシュニール織という特殊な織り方でほわほわのモール糸を使用し、熟練の職人さんが何十もの工程を経て織り上げることで創り出される、厚みのある柔らかな質感、優れた吸水性と乾燥性、使えば使うほど肌になじみ長持ちするのが特徴です。

 

早速FEILERの店舗を検索。調べてみたらなんと、ドイツ国内に2店舗しかないんです!

たまたま滞在したフランクフルトにあったので(偶然かつ幸運☆)ドイツ最終日にFEILER直営店に行ってきました。

 

私が抱いていたFEILERのイメージは母世代が使っている≪黒字に派手な花柄のタオルハンカチ≫のイメージが強かったのですが、さすが本場。日本とは違うデザインの多様さに圧倒されました。

母や友人へのお土産をみているうちに、自分用に買うつもりはなかったはずが、「これは欲しい!」と思う商品を発見!

 

極力モノを増やさないようにしている私は、これをどのシチュエーションで使うか、本当に必要か、本当に欲しいのか、かなり時間をかけて考えた結果…

今買わないと絶対後悔する!と思い、購入することにしました。

 

それがこちら!

 

 

購入に至ったポイントは、この何とも言えない色合いとテキスタイルに惹かれたことです。

しっかりした地厚の生地感と優し~い肌触りに癒され、もうずっと触っていたいくらい気持ちのいい触り心地。

気が付けば、このバスケットをベッドサイドにおいて、ピローミスト、ボディミルクなどを入れる小物入れに!と使っている様子を一瞬で脳内でシミュレーション。滅多に柄物をインテリアには加えませんが、これは目につくところに置きたいと思うぐらい気に入りました(*^_^*)

 

そこで、もともとドイツで何かいいものがあったらレビュープレゼント用に購入を考えていたので、これ以上の物はない!と、同じものをもう1セット購入しました。タオルハンカチと、同じシリーズのバスケットの各1点ずつで1セットです。

お店ではブラシなどを入れてディスプレイしていましたが、店員さんいわく「あなたの好きなものなんでも入れていいのよ!ベッドサイドにおいてもいいしバッグインバッグにしてもいいし。」とのこと。確かにマチが長方形なのでバッグインバッグもいいかもしれませんね♪

 

そして、そして、おまけとしてもう一つプラス♪
ドイツといえばプレッツェル!

街中にプレッツェルの屋台がありました。

 

 

 

食べられないですが、プレッツェルの形のマグネットもお付けして、今回は計3点を【 1名様 】にプレゼントいたします。

 

 

ちなみに、帰国してから調べたところ、日本のFEILERのオンラインショップには今回購入したテキスタイルのシリーズはありませんでした。

(もしかするとレアものなのかもしれません^^*)

 

気になった方はぜひレビュー投稿企画に応募してみてくださいね。

 

詳しくはこちら

 

**********************

 

さて、ここまで5回にわたりお伝えしてきたドイツ取材旅行記も次でとうとう最終回。

私たちがこの取材旅行を通して感じたことの総括として皆さまにお伝え出来たらと思います。

 

そして、ついに明日からオレフィーチェのクリスマスが始まります!

私たちが訪ねた工房でのインタビューの内容や、今回のクリスマス限定商品のペリドットとアクアマリンの秘密がついに公開になります。

オレフィーチェが贈る2019年のクリスマスを、どうぞお楽しみください!

 

ドイツ取材旅行記 バックナンバーはこちらから

過去のレビューキャンペーンプレゼントはこちらから

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です