これを読めばOreficeのピンクゴールドマスター

左:ピンクゴールド(PG) 右:イエローゴールド(YG)

 

ピンクゴールドとは?

すっかりおなじみになったピンクゴールドは、金のカラーバリエーション。つまり選択肢の一つです。

 

金(Au)は柔らかく加工がしやすい、そして酸化やアレルギー反応が起こりにくいという特徴があります。

また、金の弱点は柔らかい点です。

 

あれ?強みと弱みが一緒?と不思議になりますよね。

純金がどのくらい柔らかいかというと、爪でぐっと力を入れて抑えるだけで爪痕が残ってしまうほど。

時代劇で金の小判を噛んで、本物かどうか確かめるシーンは、このような金の特徴から出来上がった習慣だそうです。

 

このように柔らかく加工のしやすい点は金の良いところですが、金塊ならともかく、

繊細な加工を必要とし、その先も生活の中のあらゆる衝撃に直面するジュエリーなどには、

柔らかい=キズがつきやすい=型崩れしやすい、という特徴は非常に困った弱点です。

※かつて、24金(=純度100%)のジュエリーが出回ったことがあるようですが、破損多発で大クレームになり市場には出回ることが無くなった過去があるようです。

 

そこでジュエリーにする際には、別の金属を混ぜて弱点を補うのが一般的です。

この時、混ぜる金属を「割金(わりがね)」と言います。

ジュエリーの割金には、銀(Ag)、銅(Cu)、パラジウム(プラチナ族の金属)等が一般的です。

 

この割金の比率で、ジュエリーの地金のカラーバリエーションが決まります。

Oreficeで扱う金の地金はK18です。(K18に関しては【品質について/地金について】をご参照ください。)つまり、75%が金で、残りの25%が割金です。

 

(左から:「ゾーイ」リングPG/YG、「ロゼッタ」リングYG/PG、「カイリー」リングYG/PG)

 

25%のうち、銀と銅を半分ずつでOreficeのイエローゴールドになります。

銀が3%、銅が19%、パラジウムが3%だと、Oreficeのピンクゴールドになります。

銅の比率を高くすると赤寄りの色になり、そこにパラジウムを加えることで、ほんのり白ピンクのような優しい色になります。

 

このように割金の比率によって出来上がる色に違いがあるため、特に”ピンクゴールド”はショップによって色味に差が出るカラーです。

ショップによって異なるカラーの”ピンクゴールド”。

自分に似合う口紅を探すように、自分に似合うピンクゴールドのブランドを探すのも楽しいのではないでしょうか?

 

▼ピンクとイエローゴールドの色の違いはコチラ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください