『生命の誕生、祝福の瞬間を写真に』ニューボーンフォトグラファー 輝く人へインタビュー vol.1

 

― 次にジュエリーについても伺いたいと思います。飯田さんは仕事中にジュエリーを着けますか?

身だしなみとして、仕事中もジュエリーは身に着けています。撮影中は、赤ちゃんを抱っこや寝かしつけをするので、リングや時計はできないですが、ピアスとネックレスを着けています。

 

― なるほど。では、撮影時、ジュエリーを身に着ける際に気を付けていることはありますか?

もしもピアスがポロっと取れてしまい、万が一赤ちゃんが口にしてしまったら事故につながるので、しっかりとした作りのものを着けるようにしています。

 

― ちなみにどんなジュエリーを着けているんですか?

主人から、娘の出産時の記念にもらったバタフライのネックレスと、誕生日にもらった真珠のピアスをいつもセットで着けています。撮影の時はいつもこれと決めています。願掛けのようなものですね。

(普段身に着けているジュエリーを見せてもらいました。お話に上がったのは左側の真珠と右側のバタフライです。)

 

― ボトルの形のネックレスとガラスのネックレスも素敵ですね。

ジュエリーは普段そんなに買わないのですが、ボトルのネックレスは一目惚れをしたもので、取り寄せをしてもらい去年自分で買いました。とても気に入っています。

ガラスのネックレスは祖母の形見なんです。祖父がイタリアに旅行した時に祖母にプレゼントしたもので、今でも身に着けています。ジュエリーはそんなに多くは持っていないですね。

 

― 飯田さんは、本当に気に入ったものだけを永く大切に身に着けるスタイルなんですね。せっかくなのでオレフィーチェのジュエリーも試着してみてください。

(大ぶりなネックレスがお好みのようで「ヴィヴィアン・ホースシュー」ネックレスをご試着。とてもお似合いでした。)

 

― 最後に、今後の活動について伺いたいのですが、コロナウイルスの影響によって撮影はどうされているのですか?

撮影中は、赤ちゃんを抱っこしたり密に接するので、安全を考慮して現在は撮影を行っていません。ですが、撮影の要望はいただくので、例えばリモートバーチャル撮影など、赤ちゃんのママに簡単にできるようなポージングをリモートで教えてあげるとか、新しい形で撮影できないか考えています。お客様からも、子供が新生児であるこの機会に写真に収めたいという気持ちと、コロナが怖いという気持ちを聞きます。まずは安全が第一ですが、何かやり方はあると思うので色々模索していきたいと思っています。

 

― 新たなる形でのニューボーンフォト、楽しみにしています。本日は誠にありがとうございました!

 

おわりに

ニューボーンフォトと出会い、一つ一つなぞ解きをするように知識を増やし経験を積んでいった飯田さん。ニューボーンフォトの撮影時は、赤ちゃんのお母さんにも寄り添い、話を聞いてあげたり、抱っこのコツ「丸くしてあげると赤ちゃんは落ち着くんですよ」と声をかけてあげると言っていました。細やかな気遣い、安全への取り組み、ニューボーンフォトへの熱い思い、沢山の貴重なお話を聞くことができたインタビューでした。また、私達(オレフィーチェスタッフ)が意識しているジュエリーの強度についても、今までよりもっと多角的な視点をもって考えることの大事さを再認識しました。(インタビュー・文:えとう)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください