ブルーの宝石で涼し気に、夏を彩る”青”のサマージュエリー

触ったらひんやりとしそうな、透明感溢れるブルーの宝石たち。

見た目から涼しくなるブルージュエリーをご紹介いたします。

ブルーの宝石の種類は?

落ち着きや、知的な印象を与えてくれるカラーのブルー(青色)。

オレフィーチェで特に人気なブルーの宝石が、『サファイア』『アクアマリン』『タンザナイト』の3つ。

どんな違いがあるの?

写真上からサファイア、タンザナイト、アクアマリン

● サファイア・・・深みのある鮮やかなブルー。

● タンザナイト・・サファイアよりも透け感のある青紫色。

● アクアマリン・・みずみずしいライトブルー。

同じブルーの宝石でも、個性は様々。

魅力の違いを見ていきましょう!

ブルーの王道『サファイア』

ダイヤモンド、ルビーに次いで人気のある宝石のサファイア。

深海に光が射した様な、ネイビー(紺色)寄りのシックな色合いは、夏のすっきりとしたファッションにも取り入れやすいのが特徴。

また、カラーストーンの中でも硬度が高いサファイアは、比較的欠けも起こりにくいので、デイリー使いにも向いている宝石です。

※サファイアは丈夫な特性ですが、ジュエリーは全て繊細な商品なので、取り扱いにはご注意下さい。

程よいエレガントさをプラス出来るサファイア。

毎日の装いのアクセントにしてみてはいかがでしょう?

―こんな方におすすめ

・かっこいい女性に憧れる

・日常使いしたい。

・ファッションにワンポイントが足りない

・上品さ、高級感が欲しい

PICKUP JEWELRY

¥14,300~¥14,300¥19,360~
¥19,800~¥21,230~¥33,880~
¥30,140~¥32,450~¥38,060~

※全てK18またはプラチナ

>>『サファイア』ジュエリーはこちらから

弾ける透明感『アクアマリン』

朝露のようにみずみずしく、爽やかな色の宝石『アクアマリン』。

トレンド感もあるクリアな色合いは、クールにもフェミニンにも使えます。

お洋服次第でキャラを変える多才な『アクアマリン』。しかしブルーの宝石らしい”透明感”という本質は、どんなコーディネートでも決して失われません。

また、アクアマリンには内包物(傷や内包物)が少なく、大きな結晶が採れます。

そのため、大きめのデザインでも、お求めやすいのも嬉しいポイント。

真夏の陽ざしにも負けない、華やかなボリューム感をお楽しみ下さい。

写真上:ブルートパーズ、下:アクアマリン

―こんな方におすすめ

・カラーは程よく。主張しすぎない方がいい。

・儚げな印象になりたい。

・カラーストーンは初めて。

・ボリューム感が欲しい!

PICKUP JEWELRY

¥16,500~¥23,100~¥24,200~
¥25,300~¥25,300~¥34,100~
¥19,250~¥29,700~¥38,500~

※全てK18またはプラチナ

>>『アクアマリン』ジュエリーはこちらから

神秘的な『タンザナイト』

深い青のサファイアが夜空、

明るい水色のアクアマリンを青空と例えるなら、

夕焼けが夜を迎えるようなロマンティックな青紫が特徴の『タンザナイト』

見る角度によって青にも紫にも見えるミステリアスな輝きは、一度知ると虜になる方も多い宝石。

リッチな雰囲気は、年代も肌の色も選ばない絶妙なカラー。

幻想的な色合いに心惹かれる『タンザナイト』が、毎日に小さな非日常を与えてくれるはず。

―こんな方におすすめ

・神秘的・幻想的なものが好き。

・サファイアの濃い青には少し勇気が出ない

・お守りのように日常的に身に着けたい

PICKUP JEWELRY

¥25,300~¥13,200~¥14,300~
¥31,350~¥38,500~¥25,300~

※全てK18またはプラチナ

>>『タンザナイト』ジュエリーはこちらから

この夏は、ブルーの宝石で”涼”を楽しもう。

うだるように暑い夏の日、感覚的に涼しさを感じることも、夏を豊かに過ごすためのコツ。

今年は、ジュエリーで涼を感じて、夏を涼やかに乗りきってみてはいかがでしょう。

毎日の装いに、ブルーの宝石を忍ばせてみませんか?

誕生石、意味、ネックレス、ピアス、リング、ブレスレット、K18、プラチナ、18金、低価格、安い、アクセサリー、30代、40代、50代、60代、アラサー、アラフォー、季節感、最新、2020、流行り、チェーンリング、重ね着け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください