75%

Oreficeのゴールド製品は、すべて18金です
10金はありません

 

18金は75%が金で
残り25%は銀と銅が半分づつです

 

 

どうして75%なのに、18金なのか、というと

 

純金は24Kで
24の75%が18だからです

 

 

プラチナの場合は
1000が純プラチナ

 

Orefice製品は950
95%がプラチナです

 

ややこしいですね

 

 

まぎらわしいので、欧米では
「18金」も、「750」と
プラチナと同じ表記をします

 

日本でも同じにして欲しいです

 

 

このまぎらわしさを、逆手にとって

 

18金、じゃなくて、1,8金のジュエリーとか
Pt950じゃなくて、Pt95とか
Pd900とか(パラジウム90%)
そういう製品を作る会社もあるんです

 

ユーザーのカン違いを利用した商売ですが
ちょっとジョークみたいで
おもしろいですね

 

 

金はほかの金属と
相性が悪いようです

 

金は銀や銅と混ざりにくいんです

 

先ほど18金を説明申し上げましたが
金と銀、銅が完全に混じっているか、というと

 

実はそうではありません

 

インクと水みたいに
完全には混じりません

 

部分部分によって
微妙ですが
金の濃いところと、
薄いところが出てきます

 

 

Oreficeの工房では
製品が確実に18金あるかを

 

 

この機械で確認します
(泣けるぐらい高い機械です)

 

 

自社で全部の工程を作るので
間違いがあることはないのですが

 

ほかのお客様の製品も作るので
「信頼」のために導入しました

 

 

じつは
この機械を導入後にわかったのですが
18金でも部分によって

 

73.8%とか
75.5%とか

 

びみょうに濃淡があって
均一ではないんです

 

 

じゃ、何をもってして「18金」とするのか
18金の規定を定めなければなりません

 

工房では
3カ所を測定して、
その平均値が75%以上ならば18金としています

 

 

 

金は特殊な金属です

希少なだけでなく
ほかの物質に侵されることがありません

 

錆びることがないんです

 

そのせいでしょうか
ほかの金属と完全な合金にはなりません

 

 

特にホワイトゴールドが問題です

 

WGは金にパラジウムと銀、銅を混ぜますが

 

とくに
パラジウムと相性が悪いんです

 

パラジウムの割合を増やせば、
それだけ金が白くなります

 

6%以下では
金色が残ってしまいますが

 

これ以上増やすと金と混じり合わず
製作がしにくいんです

 

 

Oreficeでは8%にしています

 

ほんとうは2、3%程度にしておけば
作りやすいのですが
白くない「ホワイト」ゴールドって
サギっぽくありませんか

 

 

ロジウムでメッキをするので
お客様に知られることはないのですが

 

もしメッキが取れたところが
黄色かったら
お客様はがっかりでしょう

 

わたしだったらイヤです

 

 

 

さいきん、またホワイト・ゴールドが人気です

 

今は金色がほとんどですが
10年くらい前はホワイトゴールドが主流でした

 

流行はまた戻ってくるのでしょうか?

 

 

ありがとうございました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です