食べられる宝石「琥珀糖」/ジュエリーの秋①

こんにちは。

秋になりましたね( 新米、さんま、さつまいも、かぼちゃ、、、)

食いしんぼうsuzukiです。

 

本日から、オレフィーチェ「ジュエリーの秋」をお届けいたします。

⇒詳しくはこちら

9月のテーマは”食欲の秋”

飴ともゼリーとも違う不思議な食感のお菓子、食べられる宝石「琥珀糖」を手作りしてみました。

 


 

◆材料◆※20cm×15cmのバットサイズの量

・砂糖     300cc

・水       200cc

・粉寒天 4g

・お好みの食紅 少々 (ジュースやカキ氷シロップでもOK)

 

溶かして・混ぜて・固める簡単3ステップです。

 

suzukiは、スイッチ押すだけ炊飯器ケーキでカッチカチの塊を生みだし、

春に桜のゼリーを作るとドロッドロ、お菓子を成功した試しがありません。

さあ、さっそく作ってみましょう。

 


まずは下準備、パウダー状の食紅を水で溶かしてお好みの色を作ります。

食紅はほ~んの少しで発色するため、色作りが1番難しかったです。

私のようなお菓子初心者の方は「カキ氷シロップ」をおすすめいたします♪

砂糖、水、粉寒天を全て入れて中火で混ぜ、沸騰したら火を弱めて5分程度混ぜます。

透明に変わり少しだけ粘り気が生まれたらタッパやお好みの型に流し込み、色水を数滴たして混ぜます。

透き通るアクアマリンを目指し、空色ブルー。

↑練り飴のような状態から、2時間乾燥させると・・↓

さらに数時間後↓

手元側は先に乾燥して、表面が鉱物のように硬く変化しました。

お天気の日に、風通しの良い所に置けば2日~1週間で

表面はシャリシャリ、中はぷるっと、やみつき食感が完成です。

 

【 2・3回目 】

先輩のEtoさんに協力していただき、再挑戦です!(・u・)o

今回はグラデーションカラー。色水を数箇所にたらし、色と色の境をスプーンや楊枝などで混ぜます。

型から取り出してみると1回目に比べ表面がざらついていて、白く濁っています。

suzuki「??透明じゃないですね?」  Etoさん「何でだろう?気泡が多かったからかな~・・」

宝石、というよりゴツゴツ砂糖の塊に。失敗しちゃいました・・( TT )

 

【 4回目 】

混ざり具合や火加減、1g単位の分量の差など、スイーツ作りは繊細ですね・・!

あきらめず注意に注意を重ね、完成いたしました。

 

 

きらっきらの琥珀糖のできあがり。

光りに反射して、様々な色に輝く姿は本物の宝石のようです・・!

乾燥させている間に、「宝石のスノードームゼリー」

琥珀糖の色と甘みがゼリーに溶けだし、まるでオパールやムーンストーンのような幻想的な輝きを放っています。

 

結晶化した後は、2~4週間は日持ちするので、

おやつに、パーティに、贈り物にもぴったりです♪

 


 

 

食欲の秋、食べられる宝石「琥珀糖」いかがでしたか?

うっとりしてしまうほど美しい、作って楽しいお菓子、ぜひお家で作ってみてください。

 

なお、今回作った「琥珀糖」はこちらのネックレスをイメージいたしました。

 

「メロウ アクアマリン」ネックレス

「メロウ アメジスト」ネックレス

完成写真は公式Instagramに掲載しております♪

ぜひ、こちらもご一緒にご覧ください。

 

⇒公式Instagram

⇒「ジュエリーの秋」はこちら

 

 

秋がより一層楽しくなる、そんな”ジュエリーの秋”

次回は【9月25日(火)】公式Instagramを更新予定です。

お楽しみに~

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です