5月の誕生石「エメラルド」の魅力♪

こんにちは。この春オレフィーチェに入社したarayaです。
今はジュエリーの知識を増やすため、日々奮闘中です!

今わたしが勉強しているのは「エメラルド」。
ダイヤやルビーと並んで「宝石!」というイメージが強かったのですが、
知れば知るほど奥が深く、素敵な石でした。

今回は、そんなエメラルドの豆知識や魅力をご紹介します♪

エメラルド リング

 

* 「瞳」とエメラルドの関係 

 

エメラルドは「春」を象徴する宝石と言われており、とても歴史の古い石です。
4000年前にはすでに眼病を治す呪術に用いられていたそうです。

 

あの有名な古代エジプトの女王、
クレオパトラもエメラルドをこよなく愛用していたんだとか。
自分の名前を付けたエメラルドの鉱山、「クレオパトラ鉱山」を作る熱愛ぶり!
そして彼女自身、エメラルドグリーンの美しい瞳をしていたといわれています。

 

また、古代ローマでは未来をみる力がある石とされ、
ローマ皇帝のネロはエメラルドで眼鏡を作らせたそうです。

 

エメラルドの眼鏡といえば、
童話「オズの魔法使い」で登場するエメラルドシティには、
街の人たちが「エメラルド色の眼鏡をかけていただけ」という種明かしがありますね♪

 

エメラルドには昔から「瞳」のイメージと繋がりがあったようです!

* 鉱物「ベリル」としてのエメラルド

 

エメラルドは、「ベリル」というグループの鉱物です。

 

ベリルにはいろいろなカラーがありますが、
深みのある鮮やかなグリーンのものがエメラルドと呼ばれています。

 

天然でこのような鮮やかな緑色になるベリルは、ごくわずかな場所でしか生産されません!
そのためエメラルドは、他のベリルよりも特に希少なものとして扱われています。

 

また「キズのないエメラルドを探すのは、欠点のない人間を探すより難しい」
といわれるように内包物の多い石としても有名です。
衝撃にも弱く、とてもデリケートな石です。

しかし、その内包物こそ天然であることの証です。

 

そしてエメラルドの一番の魅力は「色」と「輝き(テリ)」。

一般的にアクセサリーには薄い色のものが使われることが多いのですが、
オレフィーチェでは鮮やかな色と輝き(テリ)にこだわった正統派なエメラルドを扱っています。

【 商品のご紹介 】
エメラルドは5月の誕生石です。石言葉は「愛・新たな始まり」。
誕生石のジュエリーは、プレゼントにも自分用のおまもりにもぴったりです!

エメラルド リング

誕生石をダイヤで取り巻き、横から見るとマフィンのような可愛らしいフォルムのリング。
▼「マフィンバース」リング
そのほか、誕生石シリーズはこちら。

▼「カラーストーン ミルククラウン」リング
▼「チロバース」ネックレス
▼「ポッピングバース」ネックレス
▼「マフィンバース」ネックレス

 

 

エメラルドの鮮やかなグリーンを、カジュアルな装いのアクセントにいかがでしょうか。
こちらはお花を横向きにあしらった「ジュリアンナ」リングです。
葉っぱにエメラルド、お花にダイヤとルビーを使い、可愛らしさの中にも上品さのあるリングとなっています。

エメラルド リング 花

▼「ジュリアンナ」リング

 

そのほか、エメラルドのジュエリーはこちら。

▼「トリコローレ」ネックレス

▼「ステファンエメラルド」ネックレス

 

 

少しだけ手はかかる宝石ですが、
その分、愛着が湧くエメラルド。

ぜひお手元でお楽しみください。

 

araya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です