大切なジュエリーを守ろう!「お修理知らず」への道

 

あれ、引き輪がなんかおかしい…

そんな引き輪のトラブルは意外と身近に原因があるのです。

 

当店のスタッフが教える、引き輪の正しい扱い方についてご紹介します。

 

・引き輪ってどうやって引いていますか?

爪が長くて滑ってしまう、、と無理に力を入れて

つまみを引いてしまうこともよくあるのでは?

引き輪の噛み合わせがすぐ悪くなってしまう一番の原因がこれ。

無理な方向につまみを引いてしまい、中のバネが歪んでいませんか?

引き輪はデリケートなものです。まっすぐ引いて、負担なく扱いましょう。

 

・ジュエリーを着けていることを意識する

大切なジュエリーだからずっと肌身離さず着けていたい、

そのお気持ちはとーってもよくわかります。

だけどその行為が紛失の原因になっているかもしれません。

あなたの気づかないうちに、チェーンが引っ張られたり、

汚れが詰まったりして引き輪には大きな負担がかかっています。

 

購入から間もないメンテナンスや、予期せぬ紛失に悩んでいた方は

今までの扱い方をほんのちょっとだけ見直すだけで

きっといつまでも美しい状態で身に付けることが出来るはず。

 

「スタッフのジュエリーはお修理知らず」ということを

不思議なことだとよく思われがちですが、、

これからあなたもお修理知らずになりませんか♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です