ホワイトゴールドの作り方

ホワイトゴールドの魅力。

それはやはり、特有の爽やかな白さではないでしょうか?

 

すっきりとしたクールで涼しげな印象は、素肌を見せることの多くなる春~夏にもピッタリのカラーです。

そしてダイヤモンドとの色味の相性も良く、ダイヤをより美しく見せてくれる地金でもあります。

 

しかし、金なのにどうして金色ではないの?と疑問に思ったことはないでしょうか。

知れば知るほど魅力が増してくるホワイトゴールドを4週に渡ってご紹介♪

 

最初の記事は「ホワイトゴールドの作り方」

★ホワイトゴールドの作り方

ホワイトゴールドはカラーバリエーション。

つまり、選択肢の1つに過ぎません。

 

純金は、錆びない・変色しない・価値が高いというメリットがある反面、柔らかい・熱に弱い・形くずれしやすいなどのデメリットがあります。

純金そのままではジュエリーの加工や日常の使用に不向きなため、他の金属で強度を補っています。

 

この混ぜる金属のことを「割金(わりがね)」といい、ジュエリーの世界では銀と銅、パラジウムが主流です。

銀とパラジウムは白っぽい金属、銅は赤っぽい金属です。

イメージとしては、金色に白をたくさん混ぜると白に近い色になり、赤をたくさん混ぜると赤に近い色になります。

予備知識~K18ホワイトゴールドとは

純度100%のゴールドがK24と表記されるので、K18は18/24=75%となります。

つまり、Oreficeのホワイトゴールドは金の純度が75%で残りの25%が割金です。

この割金に使用されている金属の割合によってカラーバリエーションが決まります。

 

Oreficeの場合、YG(イエローゴールド)の割金は銀と銅が5:5の割合。

PG(ピンクゴールド)の割金は銀と銅、そしてパラジウムがそれぞれ3%、19%、3%の割合。

(⇒詳しいPGの魅力詳細はこちらから

 

そして、WG(ホワイトゴールド)の割金は銀とパラジウムがそれぞれ17%、8%です。

(⇒パラジウムの割合のこだわりは【デザイナーのこだわり「75%」】こちらから

このように割金の配合により、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどの カラーバリエーションが生まれます。

ブランドやメーカーによってゴールドの色味が異なるのは、 この25%に含まれる素材や配合が、独自に開発される場合があるためです。

同じ金の量でも割金によってカラーが決まる!面白いですね!

 

次回の公開は2018年4月13日!

「ホワイトゴールドの良いところ」をご紹介♪

 

爽やかなホワイトゴールドを使用したコーディネートをご紹介。

【⇒スタッフブログ「いつもより少し」】はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です