一粒ダイヤモンドお悩みQ&A~サイズは?年代別おすすめは?~

全女性のマストアイテム【一粒ダイヤモンドのネックレス】。

せっかく持つのなら、自分にぴったりな一品を見つけたいですよね。

 

留め方による印象の違いから、年代別のおすすめアイテムまで、お客様から質問の多い「一粒ダイヤネックレス選びのお悩み」を一つ一つ解消していきましょう!

Q1.デザインによる違いは?

A. 同じダイヤの大きさ(カラット)でも、デザイン一つで印象は変わります。

 

選び方のポイントは、胸元をどんな雰囲気にしたいか。

人気の2大デザインで、デザインによる違いについて詳しく紹介いたします。

人気No.1『フクリン留め』

ダイヤをぐるっと一周、K18またはプラチナ地金で囲っているのがフクリン(覆輪)シリーズ。

 

カジュアルにも、エレガントにも使えるシンプルデザインは、発売当初から変わらずスター級の人気NO.1。

流行りに左右されず飽きがこないので、1年、5年、10年後・・年齢を重ねて好みの服装や体型が変わっても、変わらず側で輝いてくれるはず。

―こんな方におすすめ

・普段使いしたい

・職場や身だしなみに注意する場でも気にせずつけたい

・ダイヤ(トップ)を大きく見せたい

・ジュエリーを着けている、というある程度主張があるものがいい

 

―こだわりポイント

一般的なフクリン留めは、尖っているダイヤの裏側が「肌に当たってちくちくする」という声を耳にします。

小さなストレスから身に着けなくなってしまう。そんな残念なことは避けたいですね。

“365日毎日使えるジュエリー”を提案するオレフィーチェのフクリン留めは、直接肌に触れないよう、少しだけ枠に高さをとっています。

 

どのブランドでも取り扱いのある定番デザインだからこそ、小さなこだわりが大きな違いの1つ。ストレスフリーにお使いいただけます。

 

◆フクリン人気ベスト3◆

1位

K18「ヌード」(0.09~0.1ct)

¥23,500+tax

2位

K18「メゾ」(0.15ct)

¥38,000+tax

3位

K18「トゥワイス」(0.2ct)

¥55,000+tax

 

【 ⇒全ての『フクリン留め一粒ダイヤ』はこちら 】

ありのままの輝き『爪留め』

地金のツメでダイヤを固定する爪留めシリーズ。4本、5本、6本のデザインがあります。

 

ダイヤのありのままの美しい輝きが楽しめる分、サイズ感もありのまま。

肌の上で輝きだけがのっているような嫌味のない上品さは、フクリン留めよりも線が細く、フェミニンな印象です。

―こんな方におすすめ

・The ダイヤモンドネックレスな王道が欲しい

・ボリュームよりもとにかく輝き!

・さりげなく使いたい。華奢で繊細なデザインが好き

・フォーマルなイメージも欲しい

 

―こだわりポイント

ダイヤは光に反射することで輝きを放ちます。

 

オレフィーチェではツメを極限まで小さくし、光を遮るものを徹底的に減らしました。太陽の下だけではなく、お家の照明でも変わらずキラッキラに輝くので、「お店で見た時は光っていたのに・・」なんて悲しい気持ちにはさせません。

【 ⇒商品製作の小話『ツメの形』はこちらから】

デザインは主張しなくていい。本物の天然ダイヤの輝きをひたすら楽しみたい方におすすめです。

 

◆ツメ留め人気ベスト3◆

1位

K18「キャサリン」(0.2ct)

¥58,000+tax

2位

K18「ピアクラウン」(0.07ct)

¥18,750+tax

3位

K18「メアリー」(0.15ct)

¥38,750+tax

 

【 ⇒全ての『爪留め一粒ダイヤ』はこちら 】

Q2.大きさ(カラット)の差はどれくらい?人気のサイズは?

A.ダイヤのサイズを表すカラット数とは、実は直径サイズではなく「重さ」の単位。

 

―サイズ比較

0.05ctの違いは0.01gほど。

ワンサイズの違いは、ぱっと見ただけではわかりにくいですが、大きければ大きいほど、光の反射面積が増えて華やかに見え、厚みがあればあるほど、ダイヤモンドが前にせり出してくるので存在感が増していきます。

 

定番サイズは0.1ct~0.15ct。初めてのダイヤやプレゼントとしても人気があります。どんなシーンでも使える万能のサイズ感です。

また、0.3ctからダイヤのボリュームに合わせ、チェーン幅が太くなります。より高級感のある仕様になるので、トップだけではなく全体の印象の差で選ぶのも一つですね。※デザインによりチェーン幅が異なる場合もございます。

 

 

Q3.地金の色の選び方は?

A.迷ったら一番人気のYG(イエローゴールド)がおすすめ!

左からPG(ピンクゴールド)、WG(ホワイトゴールド)、YG(イエローゴールド)

 

肌のパーソナルカラーは人それぞれ。ジュエリーでなくても、お手持ちの時計などにゴールド・シルバー色のものはありませんか?顔周りにあててみて、しっくりくるカラーが顔映えの良い地金になります。

 

しかし、お手持ちのジュエリーとの合わせや、好きなスタイルとの兼ね合いもありますので、迷った最後は「自分がつけたい色」で選びましょう。

 

―色味比較

左上からYG・PG・WG・PT(プラチナ)

 

―こだわりポイント

実はブランドごとに地金のカラーも違います。

オレフィーチェのYG・PGは一般的なゴールドカラーより鮮やかさを抑え、日本人の肌と馴染みの良いベージュカラー寄りに配合しているのが特徴。

大人のヌーディーなカラーは、ダイヤと女性をより美しく輝かせます。

 

ラグジュアリーな雰囲気なご希望の方にはPTやWGがおすすめです。

【 ⇒地金の詳しい配合はこちら】

 

Q4.年代別のおすすめを教えて!

20代

アクセサリーから、初めてのジュエリーとして購入する方も多い20代。人気サイズは小粒な0.05~0.15ct。

オレフィーチェでは高品質のダイヤを、1万円~2万円のお求め安いプチプライスからご用意しております。

一歩品質にこだわると、いつもより少し良い物を身に着けている自分が魅力的に思えますよね。その自信はきっと何かに挑戦する勇気となるはず。

 

また、ファッションの流行への関心が高く、変化の波が大きい年代です。

20代前半では、あどけなさを感じる可愛らしいスタイルだったのが、20代後半では大人の女性へ雰囲気ががらりと変わっていることも。そのため、どんなコーディネートとも相性の良い1本がおすすめです。

 

◇未来に向かって頑張る自分に。側で輝くジュエリーを。◇

K18「ピアクラウン(0.07ct)」¥18,750+tax

K18「ヌード(0.09ct)」¥23,500+tax

K18「ラウラ(0.15ct)」¥43,000+tax


30代

仕事にも慣れキャリアを積んだり、結婚や出産による子育てなど、人それぞれ大きくライフスタイルが分かれるのが30代。‟どんな自分になりたいか”が確立される時期でもあります。

大人になると増えるのがイベント行事やお呼ばれ。ブランドやダイヤの大きさだけにこだわるのでなく、

 

「会社で使うならスーツやオフィスカジュアルに合わせたい。」

「お宮参り、入学式・卒業式、保護者会、授業参観・・今後ずっと使える物。」

「婚活パーティーやお見合い・デートにも。上品な印象になりたい。」

 

そんな風に自分にはどんなものが合っていて、どんなシーンで使いたいのかを重視して考えるのがポイント。

そのため、細分化される好みの30代にはこの商品を買うべき!と一概には言えません。ご自身のライフスタイルに合わせてベストな1本を選びましょう。人気サイズは0.15ct~0.3ct。

 

◇‟私らしさ”で決める。自分のライフスタイルにぴったりな1本を。◇

K18「ミオ(0.1ct)¥28,500+tax

K18「オルフェ(0.15ct)」¥40,000+tax

K18「トゥワイス(0.2ct)」¥55,000+tax


40代

見た目の可愛いさに目が行きがちだった年代から、物を見る目が洗練され、本物を重視する傾向に。

子供も成長し、受験や学費など大きなお金がかかる年代です。

使い捨てのように靴やお洋服を買い替えてたあの頃から、40代の今は忙しい毎日のモチベーションを上げてくれる、一生ものになる厳選した‟本当に良い物”を。

 

また、好みの変化は少ないものの、胸元首回りや体型の変化が顕著な40代。人気のサイズは、少しボリュームのある0.2~0.4ct。

 

より品質にこだわりたい方は、ワンランク上のハイグレードダイヤはいかがでしょう?

最高峰の『トリプルエクセレント』のルースの中から、気に入った1粒で作るセミオーダージュエリー。いつか子に、孫に、受け継いでいくのも素敵ですね。

【 ⇒GIAカスタマイズ対象ネックレスはこちら】

 

◇一生の宝物。毎日のモチベーションになるご褒美ネックレスはこちら◇

K18「トゥワイス(0.2ct)」¥55,000+tax

K18「オザリス(0.3ct)」¥117,000+tax、

K18「ウルティメイト(0.3ct)」¥109,000+tax


50代

子供から手が離れ、自分自身に使えるお金や時間が増え、まさに自由に生きる第二の人生がスタートする50代。

節目の記念としての購入も多く、人気サイズは大粒でチェーン幅もしっかりしている0.3~0.5ct。

 

若い頃は似合わず浮いてしまったボリューム感や、安っぽく見えてしまったデザイン性のあるジュエリーも、50代の今だからこそ。

重ねた経験や時間が魅力に変わる、大人の品格が漂う50代は、ジュエリーが最も似合う年代ともいえますね。

 

若々しい人というのは、美しい人ではなく‟いきいきと毎日を楽しんでいる人”。

新しい人生を歩み始める相棒に、自慢のジュエリーを。重ねた魅力で内からの輝きを放ちましょう。

 

 

◇若さは自分で作っている。毎日を楽しむジュエリーはこちら◇

K18「ワンダ(0.15ct)」¥52,500+tax

K18「ネオウルティメイト(0.3ct)」¥120,000+tax、

K18「アレクサンドラ(0.5ct)」¥274,000+tax

「一粒ダイヤネックレス選びのお悩み」解消いたしましたか?

タイプや年代による好みも人の数だけそれぞれ。

あくまで参考の1つなので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

 

◆Customer Support◆

tel:03-6721-0457
mail:support@orefice.jp

※記事のコメントからも、もちろん承っております♪

 

節目の記念に、頑張った自分へのご褒美に。

変わらず輝くダイヤモンドだから、タンスの肥やしにはせずに

気兼ねなく毎日使える、【お気に入りの一つ】をぜひゲットしてくださいね。

 

 

>>全ての『一粒ダイヤネックレス』はこちらから<<

 

  1. ピアスのキャッチのみ購入は可能でしょうか?その場合おいくらですか?k18のピアスを使っています。

    1. 森様
      コメントありがとうございます。
      ピアスキャッチのみの購入ももちろん可能でございます。

      ●シリコンキャッチ 770円(税込み)※留め具はK18
      ●K18地金キャッチ 1100円(税込み)

      ※サイト検索より「キャッチ」で検索いただくと出てきます。

      ぜひご利用下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください