アメシストの逸話~2月の誕生石~

※アイテムの価格は記事公開日時点のものとなっております。

2月の誕生石として有名なアメシスト(アメジストともいいます)。

和名では紫水晶といい、

その名の通り、紫色の水晶です。

ギリシャ神話では、アメジストは美少女の化身とされています。

酒に酔ったディオニューソス(お酒の神様)が、これから最初に出会った人を猛獣に襲わせようとしていた時、

ちょうどそこに通りかかったのが、月の女神セレーネの女官『アメジスト』だったのです。

ディオニューソスが獣をけしかけ、今にもアメジストが襲われてしまうという時、

この惨事に気づいた女神セレーネがアメジストを一瞬に純白の水晶に変えました。

その後、酔いから覚めたバッカスは自分の罪を猛省し、アメジストが姿を変えた水晶に、自分が作ったぶどう酒を注ぎました。

たちまち水晶は透き通った紫色に変わり、美しい紫色の宝石『アメシスト』になったといわれています。

語源となったギリシャ語の『amethystos』は”酒に酔わない”という意味をもち、

古代ローマではアメシストから作られた杯でお酒を楽しむことで、お酒からだけではなく人生の悪酔いから自身を守ってくれるという言い伝えが残っています。

現在でも実際に『アメシストを持っていると二日酔いしない』ともいわれています。

またキリスト教では『司教の石』とも崇められ、宗教儀式の際に用いられ、すべての人々はこの石を指輪として身につけていたと伝えられています。

数多くの伝説や言い伝えをもつアメシストは、現在でも2月の誕生石としてよく知られ、親しまれています。

※ちなみに、「アメシスト」は石の名前、「アメジスト」は月の女神セレーネの女官の名前ということで、このブログの中では2つの名前で紹介しています。

お酒は飲んでも飲まれるな!ですね。

もちろん、嘘か本当か不確かな逸話(所説あります)なので、面白いな程度に思っていただけますと幸いです。

しかし、ディオニューソスの悪酔いから美しい紫色の宝石が生まれたと考えると、少しだけお酒もありがたい気がします。

皆様のお手元に届くアメシストに、より一層の愛着を感じていただけたら嬉しいです。

アメシスト(アメジスト) メロウ ポッピングバース ミルククラウン マフィンバース

左から

K18「ポッピングバース」ネックレス  ¥12,000+tax

K18「メロウ」ネックレス ¥24,000+tax

K18「ミルククラウン」リング ¥17,500+tax

K18「マフィンバース」リング ¥35,000+tax

PICKUP

   

K18「マフィンバース」ネックレス ¥27,000+tax

K18「バース」リング ¥23,000+tax

K18「チロバース」ネックレス ¥23,000+tax


◆オレフィーチェのアメシストジュエリーはこちらから◆

※アイテムの価格は記事公開日時点のものとなっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください