原型作り

今回はジュエリー作りのかなめ、
原型の製作についてです

 

 

まずこちら

 

 

ジュエリーCADです

 

デザインをPC内で3次元画像にして
3Dプリンターで出力します

 

建築でもなんでも
いまはこれですから
モノ作りにかかわるかたには
おなじみですね

 

ジュエリー専門のCADソフト
日本ではだいたい2種類が使われています

 

 

ふつうのPCだとパワー不足ですから
グラフィック処理機能を追加しています

 

 

これが3Dプリンター
一昔前はこの10倍くらい大きかったんですが
いまは小さくなりました

 

 

 

CADの利点は
なんといっても、スピード

 

手作りで三日かかっていた原型が
半日〜1日

 

スキルとデータを蓄積した人だと
もっと早い

 

時間=コスト、ですから
1点ものも早く、安くできるようになりました

 

 

 

設計の変更もカンタン

 

石枠の形を変えたり
リングのウデの形やうねりなど
いろいろためして
イメージを変えるのもかんたん

 

 

細かい設計もCADならでは
爪の細さ、石枠の正確さも
以前では考えられません

 

 

技術の進歩に
すんごく助かってますし

 

CADのおかげで
デザインの幅も広がりました

 

CADがなければ
極小ダイヤをラインで並べる
こういうジュエリーはできません

 

ヴィオラ・ペンダント

 

 

でも、CADができれば
こういうジュエリーが作れるか、というと
ちょっとちがって

 

顕微鏡下でダイヤをセットする技術とか
ダイヤのカットや色をそろえるスキルとか

 

そういうことができてはじめて
CADが生きてきます

 

 

昔の職人は
とくにウデのいい人は
ひとりで仕事をする人が多かったのですが
今は、複合技術が必要です

 

また、昔の工房は、
原型の専門
石留め専門
磨き専門、など
ある工程に特化していました

 

親方がスペシャリストだったからです

 

でも今は、
組織のパワーがないと
こういうジュエリーは作れないんです

 

 

便利になったからって
すべてCADで作るわけじゃありません

 

 

これは手作りの場面です

 

どうして?って思いますか?

 

いろいろな理由がありますが

 

まず、
手作りならではのデザインがあります
CADでもできるけれど
手作りの方がきれい

 

そういうデザインもあります

 
手作りだと、CADみたいに
ラインがすっきりしません
微妙にずれが生じています

 

それがなぜか温かみを感じさせるんです

 

デザインによっては
その温かみが大切なんです

 
また、CADだけではジュエリーになりません

 

角を丸めたり
微妙な流れを調整したり

 

そういうCAD+アルファが
ジュエリーに息吹を与えます

 
ときどき、
新興のショップブランドさんの製品が
CADだけでできているのを目にします

 

カタいんです

 

もうひと手間、それがたいせつです

 
これはCAD+手作り

 

モーダ・リング

 

 

これは完全な手作り

 

レガトゥーラ・リング

 

ジュエリー作りは
すぐできるようにはなりません

 

職人の育成はもちろん
ダイヤのエキスパート
検品などなど
すべてにスペシャリストが必要です

 

そして工房の姿勢

 

製作したジュエリーに
それらはすべて出てきます

 
近道は、残念ながら、ありません

 

 

ありがとうございました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です